相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

相続権を侵害されたら?借金と相続放棄のタイムリミット

f:id:kawashimayukio:20170920130411j:plain

相続回復請求権

相続人が有する相続権を他人が侵害している場合、相続人には、その侵害者に対して自己の相続権を主張し、財産の返還や登記の移転等の方法によって相続財産の回復を図るという権利(相続回復請求権)が認められています

なお、物の所有者は、侵害者に対して、所有権にもとづく物権的請求権(返還、妨害排除、妨害予防)を求めることができます。

相続回復請求権の法的性質は、個々の相続財産についての物権的請求権の集合体であるという説明がされています。
相続回復請求権を行使できる者は、 遺産の占有を失っている (相続権を侵害されている) 真正な相続人です。 相続分の譲受人も相続人に準じて、相続回復請求権を行使できると解されています。

一方、相続人から売買、 贈与などによって相続財産の譲渡を受けた者(特定承継人)は、 相続回復請求権を行使できません。相続回復請求権の根拠は相続人資格にあるからです。

このような場合は、特定承継人は自身の所有権に基づいて、侵害者に対して、返還請求や妨害排除を求めていきます。
相続回復請求権の相手方は、自らの相続資格を主張して、相続財産を占有(真正相続人の相続権を侵害)している者です。
真実親子関係が存在しないのに、子としての相続資格を主張して遺産を占有している者や、自らの相続分を越えて相続財産を占有している他の共同相続人などが相手方になります。

 

相続放棄は三カ月を過ぎても認められるか?

ある方が亡くなり、被相続人に借金があったり、特定の相続人に相続分を集中させたいために、他の相続人が相続放棄を家庭裁判所に申述し、受理されると相続放棄をした方は初めから相続人ではない、つまり相続人の地位を抹消されることになります。

そしてこの相続放棄は被相続人が亡くなったことを知った日から、あるいは自分が相続人であることを知ってから三か月以内に被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申述をして、受理されなければなりません。

さて問題はこの三か月という期間ですね。

よくあるのが被相続人の債権者がこの三カ月という期間を知っていて、被相続人である債務者が亡くなってから半年、場合によっては一年位経過してから、その法定相続人全員に督促状、つまり被相続人の借金をも相続したので、いついつまでに返済してください。という書面を送りつけてくるというケースです。
法定相続人の方たちはびっくり行転します。当然ですね。

亡くなった方に借金があるとは知らず、相続してしまって、忘れたころにいきなり、相続人として借金を弁済してください。なんて通知がきたら、しかも金額が数百万、数千万に及んでいたら、まさに天国から地獄へ突き落されることになります。
さてこの場合、相続放棄をすることは可能なのでしょうか?

 

相続放棄申述書提出期限三カ月以内の意味

相続放棄だけでなく、民法では第915条(相続の承認又は放棄をすべき期間)として、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。」とあります。

この意味は、たとえば相続が開始して、相続人が家庭裁判所に相続放棄の申述か、相続人全員で限定承認の申術をしなければ、単純承認といって、亡くなった方の財産(債務があれば債務も含め)相続をすることを認めたことになります。そしていったん単純承認をすると、以後取り消しはできません。

ここで問題なのは亡くなった方に債務(借金)があったかどうかというのは、把握するのがむずかしいということがあります。
預貯金通帳の支払い明細で毎月一回出金(返済)の形跡があれば注意、といいますが、専門家でもない限りわからない面もあります。まして債務者からの通知などが保管されていることもまれです。
人間、債務というのは隠したがりますから。

そこで相続人が相続を承認してから、半年~一年位経った頃、債権者が相続人に、被相続人に○○円債務があり、返済について相談したい、とか、二週間以内に返済してください、といった文書が来て、驚嘆してしまうことになります。

ある方が亡くなってから半年、一年と経過してからでも相続財産について一切触れていないとか、一銭も受け取っていないということであれば、そのような督促状が届いてはじめて被相続人に債務があったことがわかった時点で、家庭裁判所に相続放棄の申術をすれば受理される可能性もあります。
ただしその経緯、理由について明確に記述しなければなりません。

基本は自己のために相続が開始したことを知った時から三箇月ですから。

 

監修

相続法務指導員 川島幸雄

相続手続き代行 埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室
相続問題解決の埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室を運営中。
「わたしたちは、まず関係者全員から相続に関する委任の同意を得る事から始めます。このため感情的な争い、訴訟になる可能性がぐんと減ります。相続トラブルや、相続争いがご心配な方は、ぜひ当事務所にご依頼ください。」

当事務所の近隣エリア

埼玉県:羽生市、加須市、行田市、鴻巣市、北本市、桶川市、上尾市、さいたま市、熊谷市、深谷市、吉見町、滑川町、東松山市、蓮田市、伊奈町、久喜市、幸手市、杉戸町、宮代町、春日部市
群馬県:館林市、太田市、板倉町、明和町、千代田町、大泉町、邑楽町
栃木県:佐野市、足利市、栃木市、小山市、岩舟町、野木町
茨城県:古河市、五霞町、境町

独自の簡単ノウハウを提供する遺産分割協議書作成離婚協議書作成に関しては、全国対応をしております。