相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

法定相続分や遺留分とは? 財産をしっかり引き継ぐ相続方法

f:id:kawashimayukio:20170824153538j:plain

法定相続分と異なる分割とは?

法定相続分や遺留分ということを誤解している方が多く見受けられます。
法定相続分や遺留分というのは、相続人の間で揉めるなりして遺産分割が決まらないときに、法定相続分という法律上の目安や遺留分といって最低限の相続分が請求できるということです。
要するに遺産分割の原則は、相続人の間で決めた割合で分ければよいのです。
相続人の間で話し合って合意できれば、法定相続分で分ける必要はありません。
また、遺留分を放棄しても、それは相続人の間で遺産分割のやり方を決めたにすぎませんので、遺留分を贈与したことにはなりませんし、もちろん贈与税がかかるようなことはありません。
それから相続分を第三者に有償、無償で譲渡することも可能です。
相続分の譲渡は遺産分割が決まる前の話になります。
とくに、この相続分の譲渡が有効なケースがあります。
それは先妻との間に子供がいる場合や、認知した子供がいる場合です。

(「はじめての遺言・相続100問100答」税理士法人レガシィ 清水真一郎著 明日香出版社より)

 

連れ子に財産を!

質問:子供を連れて再婚しましたが、再婚の相手にも前の配偶者との間に子供がいます。その場合、財産の相続はどうなるのでしょうか

回答:父親、母親両方が子連れで再婚した場合、夫婦は入籍したとしてもそれぞれの子供は、それぞれの親の財産を引き継ぐだけです。
もし母親の実子が新しい父親の財産を引き継ぐ必要があるのでしたら、新しい父親と養子縁組をしなければなりません。
このように養子縁組をするか、しないかで財産をもらえるかどうかが決まります。

 

相続人でない人に相続させたい場合

相続人ではない人、たとえば自分の孫とか兄弟姉妹に相続させてやりたい場合ですね。
まず孫の場合ですが、一番いいのは遺言書を作成しておくことです。
遺言書の中で、きちんと孫に財産を渡す内容を記載します。
そうすれば思い通りの遺産分割ができるでしょう。
もし遺言ができなかったら、養子縁組することでも財産を渡すことは可能です。

さて問題は遺言書もなく、養子縁組もしなかった場合ですね。
それでも、亡くなった人が生前、「この土地は自分が死んだら孫にあげたい」と話していて、それを第三者が証明できれば、その土地を孫に渡すことは可能です。これは死んだことを理由とする「死因贈与」にあたります。用語は贈与ですが、扱いは相続税の対象です。
ただし、死因贈与はどんな場合でも求められるものではありません。
「自分が死んだら、この土地は孫にあげたい」という話を第三者が証明できなければ、たとえ孫の財産になったとしても、それは本来土地を受け継ぐ相続人からの贈与ということになってしまうのです。贈与になれば相続税よりも高い贈与税がかかることになります。

(「はじめての遺言・相続100問100答」税理士法人レガシィ 清水真一郎著 明日香出版社版より)

 

子供がいない場合

子供がいないと遺産分割は少しややこしくなります。
各人の財産が相手の親族に相続される可能性がでてきます。
たとえば夫が先になくなった場合、夫の財産を相続する権利は妻、夫の両親又は兄弟姉妹にあります。
さらに兄弟姉妹がなくなっているとその子供たち、つまり亡くなった夫からすれば甥、姪に当たる人たちが相続することになります。これを「代襲相続」といいます。
しかし、まだ会ったこともない甥や姪に財産が相続されることは妻からすればあまり納得のいくものではないでしょう。
そこでこのような場合は遺言がとても重要になってきます。
夫が遺言で「妻に半分、もう半分は・・・に」と自分の亡き後、残された妻の面倒をみてもらえそうな兄弟の一人などに優先して財産を残すということができます。

(「はじめての遺言・相続100問100答」税理士法人レガシィ 清水真一郎著 明日香出版社より)