相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

指定相続分と法定相続分 マイナスの遺産を回避する方法

f:id:kawashimayukio:20170820141027j:plain

相続分とは?

相続分とは、同順位の相続人が数人いる場合における相続財産に対する各人の分け前の割合を言います。
相続分には、その決定方法の違いにより、指定相続分法定相続分とがあります。
指定相続分は、被相続人遺言によって指定する相続分及び被相続人の遺言によって指定を委託された第三者が指定する相続分をいいます。
これに対して、法定相続分は、被相続人遺言による指定および第三者への指定の委託がない場合に、民法の定めるところにより決定される相続分をいいます。
(埼玉県行政書士会資料より)

 

限定承認

親が亡くなり、財産を相続することになりました。しかし、借金も相当ありそうだという場合、単純承認してしまうと、相続の結果大きな借金を背負いこむことになります。しかし、限定承認すればプラス財産の範囲内でしか借金を相続しなくなり、結果がマイナスということを避けることができます。
相続人には、相続財産の内容を調査するために三ヶ月間の考慮期間が与えられます。(民法915条)相続財産の内容を調査したうえで、単純承認、限定承認、相続放棄のいずれかを選択することができます。
(埼玉県行政書士会資料より)

 

推定相続人の排除

推定相続人の排除は、相続人の一人が被相続人を相当いじめていたなどの事実があった場合、被相続人が遺言で排除することができます。
しかし、被相続人をいじめていたらいしという推測でほかの相続人が排除の請求をすることはできません。
また排除は被相続人の意思だけではできません。
家庭裁判所の決定(乙類審判)が必要です。
(自由国民社編 財産相続なんでも事典より)