相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

知っておいたほうがいい!相続において遺言はこんなに重要

f:id:kawashimayukio:20170819151243j:plain

遺言の効用1

相続争いを防ぐには、遺言はかなり有効です。
特に子供が複数人おる場合、土地や家屋は分割できません。そこで遺言で財産全部を相続人である子供たちそれぞれに割り当てておけば、遺言通りに相続登記でき、争うことも少なくなります。
では遺言がない場合はどうなるのでしょう。
遺産は配偶者1/2、子供が3人の場合、子供の分1/2を3人で分割します。
要するに子供一人分は1/6となります。ただこうして数字で割り当てられる財産は現金であれば可能ですが、土地や家屋をこのような割合に分割するわけにはいきません。また事業を承継する場合も同様です。被相続人が株主であった場合、主として事業を継ぐ長男などに株の大半をゆずらないとその後の経営に大きく影響してしまいます。
また介護など特につくしてくれた子供と、放蕩な子供とが同じ割合で遺産を相続するというのも合点がいかないでしょう。
以上のような場合、遺言は法定相続分を自分の意思で修正することが可能です。

 

遺言の効用2

遺言の効用は二つあります。
まず遺産をめぐる相続人間の争いを防げることです。
そしてもう一つは法定相続すべてを割りきってしまうのでなく、事業承継や貢献度など家族の状況に合わせて修正することが可能だということです。

まさに「財産を残すなら、遺言も残せ。」ですね。
次に遺言が特に必要な場合ですが
①夫婦の間に子がない場合
②相続人同士が疎遠なとき
③相続人以外の人に財産を分けてやりたいとき
④相続人が全くいない場合
などがあります。
「遺言のしおり」(日本公証人連合会 公正証書)より

 

相続人以外の人に財産を分けたいのですが?

よく長男の方のお嫁さんが、被相続人の生前、介護等お世話をしてくれたのですが、相続人でないこのお嫁さんに財産を分けてあげることができないかという相談を受けます。このような場合は遺言で相応の財産をお嫁さんに遺贈しておく必要があります。内縁の配偶者に対しても同様ですね。
また相続人が全くいない場合は、遺産は国庫に帰属します。ですのでお世話になった人などに遺産をあげたい場合なおにはその旨、遺言をしておく必要があります。
「遺言のしおり」(日本公証人連合会 公正証書)より

 

遺言のしかた

遺言には二つの方法があります。
①自筆証書遺言 と
②公正証書遺言 です。
自筆証書遺言は
1.遺言の全文を自分で書く。
2.遺言を作成した年月日を自分で書く。
3.自分で署名する。(フルネーム)
4.自分で押印する(実印)
5.加除変更にも規定あり
6.遺言者が死亡後、保管者は家庭裁判所に提出の上、検認を受ける。
封印の遺言書は家庭裁判所にて相続人立ち会いの上開封。
(埼玉県行政書士会資料より)