相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

内縁の妻、寄与分…こんな場合相続権はある?ない?

f:id:kawashimayukio:20170816150756j:plain

後妻の母親が死亡した。自分は先妻の子だが相続権はあるのか?

ありません。
ただしあなたが死亡した義母と養子縁組をしていたなら別です。そうでなければ残念ながら義母の遺産は義母の相続人だけが相続します。あなたが寄与分を主張しても寄与分は相続人だけが対象となる権利です。ただ死亡した義母に相続人がいなければ遺産の縁故者に対する分与の制度があります。

 

離婚した場合の相続権は?内縁の妻の場合は?

離婚したら元妻は配偶者ではなくなったので、相続権はありません。
でも子供は相続権があります。親が離婚しても子供の相続権は失われず相続分も変わりません。
内縁の夫が死亡した場合、どんなに面倒をみてきた内縁の妻でも婚姻届がなければ配偶者としての相続権はありません。
ですから内縁関係の場合は生前に遺言や贈与で配慮をしなければなりません。

 

寄与分について

たとえば息子さんが自分の父親の面倒をみてくれた自分の妻になんとか父親の財産を分けてあげたいと思ったとしても当然ながら相続人ではないので、相続権はありません。
よく寄与分と言われますが、寄与分というのも相続人だけの権利です。
また息子が父親といっしょに事業をしていて事業拡大に大いに貢献した息子が寄与分を主張した場合、どれくらい認められるかということですが、特に規定はありません。
やはり貢献の度合によります。
相続人の協議や寄与者の請求により家庭裁判所が定めます。

 

法定相続分と遺産分割協議

法定相続分は一応の定めですので、相続人の間でこれと異なる遺産分割協議をすることは可能ですし、有効です。
ただあとあと不平不満が出てくる場合があります。
早く分割協議書を作りましょう。
なお債務は法定相続分に従います。