相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

相続について 代襲と特別受益

f:id:kawashimayukio:20170813170804p:plain

 

代襲相続とは?


相続の時、子供が死亡していたり、廃除・結核のために相続権を失ったときなどはその子が親に代わって相続をします。
被相続人の配偶者や直系尊属(父母や祖父母など)が死亡や欠けていても代襲はありません。
代襲が起きるのは
①死亡 ②廃除 ③欠格 

により相続人が欠けた場合だけで、相続放棄は代襲は起きません。

 

胎児にも相続権があります


被相続人が死亡したときに妻の胎内に胎児がいたという場合は胎児は一人前の相続人となります。ただし妻でない者の胎児は認知が必要です。認知された子は非嫡出子として相続人になります。遺族が知らなかった子であっても、被相続人の子であれば相続人です。
被相続人の生前にすでに認知されていた子であれば、非嫡出子であっても当然相続権があり、遺産分割前であれば協議に参加させないで強引に分割協議しても、相続人全員が参加しない遺産分割協議は無効となります。

 

特別受益があるとその分は差し引かれます

相続分の計算では、相続人に対する生前の贈与も相続分の前渡しとして勘定されますし、遺贈も同じです。この贈与分や遺贈分を「特別受益」といいます。

ただし特別受益となるのは

①婚姻のため ②養子縁組のため ③生計の資本 

としてのいづれかにあたる贈与に限られるのです。
このような特別受益財産と現に残っている財産を加えたものが、相続財産となります。これを相続分に応じて分けます。分ける際の計算では、遺贈や贈与の分は前渡し分として差し引かれます。その意味では遺贈や贈与を受けても別に得するわけでなく、相続人の平等が図られています。
ただし被相続人が特別受益として差し引かない旨を定めたらそれに従います。