相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

配偶者の相続 この場合どうなる?

f:id:kawashimayukio:20170813155638j:plain

 

配偶者は常に相続になります

配偶者は常に相続になります。
しかし、どうしても不合理と思われる場合は被相続人の遺言で処理するということになります。
血族は子がいれば子が相続人になります。
相続順位にあるものを推定相続人といいますが、必ず相続人になるとは限りません。遺言で変わりますし、相続放棄や排除、相続欠格によって相続権を失うことがあります。

 

法定相続分

法定相続分
第一順位.配偶者と直系尊属(子供など)(1/2ずつ)
第二順位.配偶者と直系尊属(父母など)(配偶者2/3、直系卑属1/3)
第三順位.配偶者と兄弟姉妹(配偶者3/4、兄弟姉妹1/4)

 

配偶者の相続権は法律上の婚姻かどうかで決まります

配偶者の相続権は法律上の婚姻かどうかで決まります。
ケース1.まだ入籍していない段階で夫が死亡したとき、花嫁の配偶者としての相続権はありません。婚姻は戸籍法に定めた届け出をしないと効力を生じないというのが民法の定めです。
ケース2.相続当時すでに別居していた配偶者の相続権はあります。別居は相続に影響しません。ですから不仲な配偶者に遺産を渡したくないと主張してもそれは認められません。離婚するまでは配偶者です。不貞を働いていた配偶者も同様に相続権は失われません

 

再婚した配偶者の相続権はどうなる?

再婚した配偶者の相続権はどうなる?
相続権は相続が発生した時点でのものです。再婚しても相続権は失いません。ただし遺言で完全な指定がしてあれば別ですが。
離婚訴訟中に被相続人が死亡すると訴訟は終わりですが、配偶者の相続権は失われません。