相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

2017-10-05から1日間の記事一覧

「相続させる」とする遺言の場合こう対処する

「相続させる」遺言の登記1 公正証書遺言で、遺贈ではなく「相続させる」とする遺言の場合、所有権移転登記手続きにおいては、受益者(相続人)が単独で申請できます。ですから遺言書を添付して申請すれば、他の共同相続人とは無関係に単独で登記ができ、遺…

遺産分割後の課税と遺贈の種類その効果

相続における地位の承継(使用貸借) (1)相互の信頼関係や行為を基礎にする契約当事者の死亡により消滅するものが多いです。代理権、定期贈与、使用貸借、委任、組合など。 (2)使用貸借の借主の地位 死亡による使用貸借の終了使用貸借(民法593条)…