相続手続きに関してプロの覚え書き

相続手続きを手間なく簡単に!埼玉県羽生市の身近な相続・遺言相談室

金銭債務の相続例と相続人の損害賠償権

被相続人に借金があった相続人の相続はどうなる? 相続人の一人が、被相続人に借金をしていた場合ですが、金銭債権のような可分債権(数学的に分けられる債権)は、遺産分割の手続きを待たず、相続分の割合の債権額を自動的に取得します。 したがって、相続…

不動産の相続手続き 期限は?ローンの返済は?

不動産の相続手続き(遺産分割)を放っておくと大変? 亡くなった方が、不動産(土地・建物)を所有していた場合、どうなるのでしょうか?また相続手続きに期限があるのでしょうか?という質問をよく受けます。 結論としては期限はありません。相続手続きを…

ここに注意!相続放棄と遺産確認

相続人の一人が相続放棄をすると相続人が変更する 家庭裁判所に相続放棄の申術をして、相続放棄が受理されると、その相続放棄をした人は、はじめから相続人ではなかったという扱いになります。言いかえれば、相続人関係図から消し去られてしまうことになりま…

配偶者死亡後の相続問題と第三者への贈与について

配偶者が死亡した後、再婚した場合の相続権 配偶者は、もう一方の配偶者が死亡した相続開始の時点で相続をするので、いったん相続をしてしまえば、その財産は自分の財産です。遺産分割協議をしていなくても共有状態になっているのです。そしてその後に再婚し…

相続権を侵害されたら?借金と相続放棄のタイムリミット

相続回復請求権 相続人が有する相続権を他人が侵害している場合、相続人には、その侵害者に対して自己の相続権を主張し、財産の返還や登記の移転等の方法によって相続財産の回復を図るという権利(相続回復請求権)が認められています。 なお、物の所有者は…

相続権の剥奪はできる?配偶者が失踪、どうする?

生命保険の活用 生命保険金は相続財産ではありませんので、相続対策に有効な活用をすることができます。というのは、特定の相続人が死亡保険金の受取人に指定されているときは、保険金受取人の固有の財産になりますから、遺産分割や遺留分算定の対象になりま…